バルセロナ市の隣         オスピタレット市に居住。


by LH08901

カテゴリ:手作りの・・・( 5 )

ベビー用品

先回、第20週と書いてから、4ヶ月経ちました。(汗)
あと残り数週間・・・。入院グッズも準備9割がた済みました。

さて、この数ヶ月に、ベビーのために少しずつ作った小物類です。
仕上がりはともかく、愛情はこもってます!
生地は、帰国した時に少しずつ買ってあったものを使用。
(どこでもドアが欲しいです!!)

□おくるみケット(リバーシブルのキルティング)
f0058189_18421753.jpg


□袋物(ハリネズミと数字柄)
f0058189_1844338.jpg


□ベビーバッグ(前述のリバーシブルキルティングの色違い)
f0058189_18453799.jpg


役に立つといいのですが・・・。
ア、子供部屋のカーテンがまだでした・・・。
どうしよう・・・。
[PR]
by LH08901 | 2007-05-28 06:00 | 手作りの・・・

模様替え?!

せっかく夏休みになったけれど、普段できないところの掃除・片付けなどをしているうちに、1週間が過ぎようとしています。

先日ガーデニング用品を見にホームセンターへ行った際、塗料のコーナーを通り、何気なくみていたら、ある家具の色を塗り替えてみよう、と思い立ちました。綺麗に仕上がるかもわからないので、トライ用に明るいライムグリーンのアクリル塗料の小さい缶と平たい刷毛を購入。計6ユーロ。

普段お客さん用にしている部屋には、ほぼ新品のセミダブルのベットがひとつと、私がまだ一人で住んでいた時代に、DMGの叔母のから貰ったうん十年前の黒い取っ手付きの白い家具が置いてあります。その家具には引越しをした際にDMGが貼った粘着テープの跡が、アルコールでも何でやっても取れないままついていて、どうしようもない状態になっています。

手始めに昨日、小さい引き出し二段の家具を二つ、塗りました。30分置いてから2度塗りしたら、まぁまぁの仕上がり。慣れない作業のため1時間半かかりました。古い取っ手がきつく嵌められていたので、DMGに助けて貰って、取りました。

今日は、大きい引き出し三段の家具をまた1時間半かかって2度塗りしました。それでも小さい缶にはまだちょっと塗料が残りました。夕方、DMGと一緒に付け替える取っ手を探しにホームセンターへ。黒い球型の取っ手が欲しかったけど、数が足りないので、グリーンにしました。取っ手を14個買って約13ユーロ。材料費計20ユーロ弱。
f0058189_734221.jpg
リメイク初心者にしては、まずまずの出来栄え??5年前に家具をくれたDMGの叔母がみたらびっくりすることは間違いありません。白ーい上品な家具でしたもの。塗り替え前の写真をとっておくべきでした。この変身はどうでしょう?(思いつきで買った塗料の色が奇抜すぎたかも知れませんが・・・)
[PR]
by LH08901 | 2006-08-03 22:59 | 手作りの・・・

趣味の家庭菜園

家庭菜園と言っても、私のではありません。
舅の趣味です。

以前ご紹介したズッキーニの他に、トマト、ピーマン、プチトマト、ブドウなどがあります。その一部の画像をご紹介しましょう。

f0058189_6514050.jpg
f0058189_652586.jpg
f0058189_6522184.jpg


今年のブドウは、雨不足のため、早く色づき過ぎてしまい、良い物にはならないそうです。

トマトは、甘ーくておいしいので、これを食べたあとは、普段食べていたトマトの味が落ちます。

ピーマンも、たくさん採れました。

貰ったこれら野菜を使って料理すると、やはり同じ調理法でも味が違いますよ。
この季節だけですけど、舅に感謝感謝。
これだけおいしいと、草むしりのやる気も違って来ます!
[PR]
by LH08901 | 2006-08-01 06:44 | 手作りの・・・

ズッキーニ

夏は日が長くなりますが、ホントに22時まで日が暮れません。
大人にとっては色々なことができるし、光熱費の節約にもなるのでいいのですが、
子供のいる家庭には大変なようです。

そんなに日が長いので、
週末、タラゴナの近くにあるDMGの両親の家へ行くと、
結構充実した一日が過ごせます。

甥っ子が来ていれば子守りなどで、走り回りますが、いないときは
今年から、私の毎週夕方の仕事(趣味?)になっているのが、舅夫婦の家庭菜園の草むしり。

ブドウ、ピーマン、トマト、ズッキーニ、レタスなどが植えてあるのですが、
トマトとピーマン付近に雑草が生え放題で、どれが野菜の茎だかわからない始末。

舅夫婦は二人とも腰や膝が痛いので、かがんでの草むしりは余りお得意ではない様子。
しかも、実がなったら、いつも頂いてばかりでは申し訳ないですし。

草むしりは、給水タイマーで給水されて土が湿っている夕暮れ時間(でも20時)を狙います。
結構、熱中してしまって、スーパーの袋を2袋いっぱいにしたことも。
ほぼ2週間に一度は行っているにもかかわらず、現れるてごわい雑草。
何週間かたって、アリさんのよく通るところに雑草が生えるんだということも学びました。

野菜の中で、あまりお手入れのいらないのがズッキーニです。
姑さんが親戚の家庭菜園の巨大ズッキーニの干からびた残りものを
去年の夏に隅っこに捨てたのですが、何と、そこからもちゃんと生えました。
もう長さ30センチ直径8センチほどのズッキーニが・・・。
今度もらったら、何を作ろうかなぁ。
[PR]
by LH08901 | 2006-06-12 23:31 | 手作りの・・・

姑さんの廃油石鹸

お姑さんは良く揚げ物をするので、
何度か漉して使った後のオリーブオイルの廃油を溜めて保管して、
年に一度ぐらい、手洗い洗濯用の石鹸を作ります。
苛性ソーダは、普通に日用品屋で買います。

オリーブオイルの廃油をプラスチックの大きな洗面器に量りながら入れ、
さらに粉の洗濯石鹸と柔軟剤をちょっと入れます。(ちょっとすごい色でした)
それから、計算した量のお湯と苛性ソーダをかき混ぜながら交互を入れて、
白っぽい緑色になりますが、10分以上混ぜると化学反応が起きてきて、
熱くなります。それから、日陰でわりと固くなるまで12時間以上冷まします。
成形して、暗い涼しいところで網の上にのせて乾燥させます。

☆注意☆
私のお姑さんの作り方は・・・あとで巷の廃油石鹸の作り方と比べたら、ちょっと違いました。
ラベンダーの花の咲いている時期は乾燥させて入れているみたいです。
もちろん、手袋やマスクや防護メガネは・・・使用してませんでした(笑)。

石鹸を作っていると舅とDMGが通りかかり、
「Miquita、君までそんなことしてるのか」となぜか冷たいお言葉。

お姑さんの話では、10年以上前に自宅のキッチンで作った際、
かき混ぜて化学反応したもの様子を見て置くように夫に頼んで、
近所へ買い物に出て、帰宅してみると夫は別のことに熱中し、
すっかり石鹸種のことを忘れていて、キッチンが石鹸種だらけになっていたそう。
それ以来、舅もDMGも石鹸つくりにはいい顔をしないみたいです。

でも、私もラベンダーとか入れて作ってみたいんですけど。

どっかのHPから作り方を参照して、
苛性ソーダの残りで、石鹸を今度作らせてもらおうかな。
[PR]
by LH08901 | 2006-06-11 18:58 | 手作りの・・・